【プレスリリース】第三者割当増資による約1億円の資金調達を実施

タブレットを用いた学習塾運営と教育機関向けアプリ開発を行う株式会社メイツ(本社:東京都新宿区 代表取締役:遠藤尚範)は、株式会社スプリックス(本社:東京都豊島区 代表取締役:常石博之)を引受先とする第三者割当増資により、約1億円の資金調達を実施しました。

資金調達について

資金調達の目的

開発体制を強化し、タブレット指導で必要なシステム・アプリケーション・教材コンテンツの更なる拡充を図ります。学習塾や学校などの教育機関に向けて、効果的なソリューションや魅力的なアプリケーションの提供を行います。

それに伴い、自社で運営する学習塾へ新たなアプリケーションを導入します。また、首都圏を中心に自社運営塾を新規開校していくため、積極的な組織体制強化を実施します。

指導現場と開発現場が密に連携し、好循環を生み出す環境を構築することで、株式会社メイツは持続的に教育をアップデートできる仕組みを実現していきます。

資金調達概要

調達金額:約1億円
調達方法:第三者割当増資
出資元 :株式会社スプリックス
資金使途:教育アプリ開発・学習塾展開

株式会社メイツについて

教育機関向けアプリ開発

指導現場が抱える課題に対するソリューションとして、教材コンテンツ・学習アプリ・指導管理アプリを自社企画・開発し、自社運営塾での試行錯誤を繰り返すことで改良し続けています。効果が実証されたアプリは製品化し、学習塾や学校などの教育機関に提供しています。加えて、そこで蓄えられたビッグデータを活用して製品の更なる改善を行っています。

タブレットを用いた学習塾運営

首都圏を中心にタブレットを用いた学習塾(進学塾メイツ・個別指導塾WAYS)の運営を行っています。ICTを活用することで指導を効率化し、生徒の成績アップや塾業界の働き方改革に積極的に取り組んでいます。次世代の学習塾として、生徒の学力向上と講師にとってホワイトな職場を実現しています。

詳しくは、下記プレスリリースをご確認下さい。クリックでPDFファイルもご確認いただけます。


  • ブックマーク