2018/3/12  DiTTシンポジウム「AI時代の教育を考える~AI活用の学習塾」に代表遠藤が登壇します

DiTTシンポジウムについて

DiTTシンポジウム「AI時代の教育を考える」第2弾として、
教科におけるAI活用を行う学習塾の取り組みをご紹介します。

生徒ひとりひとりにあわせた学習や効果的な指導、データの活用、未来への教育の可能性は広がっています。
今回は、算数・数学、英語の教材開発を行なっている企業とシステム導入された学習塾の事例発表から、
AI活用の方法や学習活動におけるメリットとこれからの課題をお伝えし、AIと教育について考えていきたいと思います。

DiTTシンポジウム「AI時代の教育を考える~AI活用の学習塾」

  • 日程:2018年3月12日(月) 13:30~15:00(受付開始13:15~)
  • 会場:慶応義塾大学三田キャンパス 東館8階ホール
  • HP:http://ditt.jp/news/?id=2372

キャンパスマップ ③東館

  • 内容:講演(60分)・パネルディスカッション(30分)
  • 登壇予定(敬称略):
稲田大輔   atama plus株式会社代表
稲葉尚樹   株式会社Z会エデュース
遠藤尚範   株式会社メイツ代表
河合英樹   河合塾グループ
神野元基   株式会社COMPASS代表
辻村直也   ウェブリオ株式会社代表
湯浅浩章   UNIVERSCHOOL(ユニバースクール)
中村伊知哉  DiTT専務理事、慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授
石戸奈々子  DiTT事務局長、NPO法人CANVAS理事長
ほか

みなさまもこの機会にぜひご参加下さい。

  • ブックマーク